犬 口臭 便臭

犬の便臭と口臭の関係とは?腸内環境を整えれば改善できる?

「愛犬がうんちをしたときに、思わずむせてしまうような強烈な臭いがする」

 

「隣の部屋や遠い部屋にいるのに臭いがわかる」

 

こんな経験ありませんか?

 

ジャーキーやチーズなどのおやつを与えた時に臭いがすることがありますが、それは一過性のものです。慢性的に臭いがするようでしたら、腸内環境が悪くなっているかもしれません。

犬の腸内環境が悪化している状態とは?

それは、腸内環境を整える働きのある善玉菌が減少し、腸内環境を乱れさせる働きのある悪玉菌が増殖するということです。

 

腸内環境が悪くなると、食べた物を消化しようとする働き(消化機能)が低下し、腸内で消化されずに残ってしまいます。消化されなかった食べ物が腸内にどんどん溜まっていくと、バクテリアが繁殖し、それが悪臭の原因になります。この悪臭は便臭だけでなく口臭の原因にもなってきます。

なぜ腸内環境の悪化で口臭の原因にもなるの?

それは、バクテリアが発生させる悪臭や悪玉菌が作り出した毒素が体内に吸収され、腐敗臭を発生させるからです。体内に吸収された腐敗臭は全身をめぐります。その全身をめぐるときに血液に乗って肺を通った腐敗臭が呼吸とともに体外に排出され、強烈な口臭の原因となるのです。

 

では、悪玉菌が作り出す毒素とはなんでしょうか。悪玉菌は主にタンパク質を分解する働きがあります。このタンパク質を分解するときに「アンモニア・硫化水素・インドール・スカトール・トリプタシン・メチルメルカプタン」などの有害物質を作り出します。馴染みの無い言葉もあると思いますが、アンモニアや硫化水素が体に悪いのは知られているところかと思います。

腸内環境が正常であるか見分けるポイント

それは、うんちの状態をよく観察することです。うんちを観察するときに気を付けて見るといいポイントが5つほどあります。

 

まず1つめですが、硬さです。ティッシュやトイレットペーパーなどで掴んだ時に崩れないぐらいが目安になります。これよりも柔らかかったり硬かったりする場合やべちゃべちゃな場合腸内環境は悪化しています。

 

次に、色です。茶色や焦げ茶色、黄土色が健康な時の色です。与えたフードやおやつでも色は変わるのであくまで目安になりますが、緑色だった場合は腸内環境は悪化しているでしょう。腸炎の可能性もあります。

 

次に臭いです。これは上でも説明しましたが、強烈な臭いやいつもと違う臭いがする時には注意が必要です。

 

次に回数です。大型犬や中型犬の成犬で1日1〜3回のうんちをします。子犬や小型犬の場合はもう数回増えます。1日に5回以上する場合(子犬や小型犬はもう数回)や突然減ったり増えたりした場合は注意が必要です。与えたフードやおやつの量と回数をよく観察しましょう。

 

最後に量です。食事の量より少ないぐらいが目安になりますので、与えた食事より極端に少ない場合や多い場合は注意が必要です。

 

ここまでで、食べ物と臭いが関係しているのかなと思われたと思います。

 

犬はストレスや食事の内容によって腸内環境が左右されやすく、乱れやすい動物です。

 

ですので、犬に悪影響を与えるフードやおやつを与えているとすぐに便臭や口臭となって表れるのですね。

 

では、犬に悪影響を与える食べ物とは、どんな物でしょうか。

犬の腸内に悪影響を与える食べ物

まず、人間の食べ物ですね。人間の食べ物は犬にとって消化しにくく食べ物がほとんどです。そして、脂分も多いので与える時には注意が必要です。

 

そして、犬用のフードですが安価なフードには添加物や保存料・穀物が多く入っています。

 

添加物には着色料や香料などが入っていて、犬の食欲を誘います。ですが、添加物や保存料が入っているフードを毎日与え続けいていると、腸が頑張って消化しようとしますから疲れてしまいます。

 

米や小麦・トウモロコシなどの穀物も同じで、犬の腸内には穀物を分解させる酵素が存在していません。ですので、消化しにくく腸が頑張ります。

 

ただでさえ消化しにくい食べ物を頑張って消化しようとしますので、疲れて消化機能が低下してしまいます。

 

また、おやつを食事の間に何度も与えることにより腸が休めず、どんどん疲れてしまいます。食事の内容だけでなく、与える時間も気にしてみるといいでしょう。

 

うんちの元というのは食べた物や消化器官の古くなって使われなくなった細胞や細菌から出来ています。食べた物を消化し吸収した残りのカスがうんちとして出てきます。ですので、その原材料が良質で犬の腸内に優しいものでしたら、臭いは少ないですし腸内にも残りません。

 

うんちから強烈な臭いがするということは、いずれか気がついていないだけですでに口臭や体臭もきつくなっているのではないかと思います。

 

愛犬の健康のためにも、思い切り遊んだり可愛がるためにも腸内環境には気を付けてあげたいですね。