犬 口臭 歯周病

【危険】犬の口臭と歯周病の関係とは?

愛犬の口臭について悩んだことはありませんか?

 

その口臭、もしかしたら歯周病が関係しているかもしれません。

 

歯周病と口臭の関係についてですが、問題となるのは歯石です。

 

口のケアをしていないと、歯石が少しずつ溜まってきます。最初は薄い歯石ですが、歯石自体がザラザラしていますので新しくつきやすくなり、段々と厚くなっていきます。

 

その厚くなった歯石の層の中で細菌が繁殖し、種類も増えていきます。口臭の原因となるのは、まずこの歯石の中の細菌です。

 

そして、その歯石を放置しておくと歯肉に接している部分から細菌が歯肉の中に入り歯肉炎が起こります。その時に出来た歯周ポケットに歯垢や歯石が溜まり、気が付いた時には歯周病が進行しているような状態になってしまいます。

 

歯周病になってしまうと細菌が歯肉に炎症を起こし、口臭がますます酷くなっていきます。

 

さて、この歯周病ですが、問題になるのは口臭だけでしょうか。

 

もちろん、口臭だけでは無いのです。

 

歯根部で起こっている炎症や感染が深くまで広がることによって、上顎の上にある鼻腔に穴を開けてしまうこともありますし、眼の下(頬)にまで広がって破裂し穴が開いてしまうこともあります。

 

そうなってしまうと、穴から膿や血が出てきてしまいますので愛犬にとっても飼い主さんにとっても嫌なこと、大変なことになってしまいます。

 

そして、細菌が全身にまわってしまうことによって、心臓や腎臓・肝臓・肺などに影響を起こすこともあります。

 

下あごが骨折するなんてことも・・・。

 

こんなことになる前に獣医師さんに歯石の除去を提案されるかもしれません。

 

その際、歯石の付き方が少なければ麻酔を使わないで除去することもできます。

 

麻酔を使うよりも安く、歯石の量を少なくすることによって見た目を綺麗にし、口臭を減らすことも出来ますが、歯の裏や下の歯、歯周ポケットなど完全に除去することは出来ません。

 

台に保定してスケーラーなどで除去しますので、痛みを伴います。ですから抜歯は出来ませんし、歯周病が進行している歯は施術出来ないというデメリットもあります。暴れたり咬んだりしてしまう子もお断りされる場合が多いと思います。

 

そうなると全身麻酔での除去になるのですが、抜歯や歯の裏、下の歯、歯周ポケットなど無麻酔で出来ない箇所でも綺麗にすることが出来、口臭も無くなりますが、高価なのと麻酔のリスクが伴ってきます。

 

麻酔のリスクとはなんでしょうか。

 

いくつかあるのですが、ほとんどは機能の低下です。

 

肝機能や腎臓、血圧が低下し最悪の場合は亡くなることもあります。

 

特に室内犬に多い小型犬ですと麻酔薬の量など体が小さい分、調整が難しいということもあります。パグやブルドッグ、シーズーなどの短頭種は鼻腔が狭いため、呼吸困難になることもあります。そして、高齢犬になってしまうと体力の低下や疾患、内臓機能の低下により若い犬よりリスクがとても高くなってしまいます。

 

では、歯周病にならないために出来ることはなんでしょう。

 

病院に行ってケアをしてもらうのもいいですが、毎日通えるわけではありません。ですので、やはり家でのケアが重要になってきます。

 

本来であれば子犬のうちから口の中を見たり触ったりするなど、口の周辺を触られることに慣らしたり、正しいやり方で口内をケアする経験や習慣づけておくといいです。

 

ただし、子犬の時に嫌なことだと記憶したものはそのまま成犬になっても苦手なものになってしまいますので、楽しいもの・ご褒美が貰えるものだと覚えさせましょう。

 

成犬になってからのトレーニングは、子犬から始めることよりも難しくなることが多いです。ですが、無理というわけではありません。根気強く、少しずつ焦らずに進めましょう。
ただ、嫌がって咬んでしまう犬の場合は無理に家で行わずに獣医師さんに相談しましょうね。

 

子犬からのトレーニングも成犬になってからのトレーニングも基本は「焦らず、ゆっくり、無理せずに」です。

 

少しでも触れたら声をかけ、ご褒美をあげましょう。最初からパーフェクトじゃなくていいのです。むしろ、最初からパーフェクトには出来ません。それでは、トレーニングの方法をご紹介します。

 

まず、一口で飲み込めるように小さくしたご褒美を用意します。

 

そして、犬も飼い主さんも落ち着ける場所を決めてください。一度決めたら、変えないほうがいいでしょう。

 

場所を決めたら膝の上に乗せます。この時同じ方向を向かせると、後ずさりしないのと恐怖感が薄れます。

 

さぁ、触っていきましょう。優しく声をかけながら、口の周りを触ります。次に、上唇を一回めくり、奥歯が見えるように耳のほうに軽く引っ張ります。この時、左右それぞれ行いましょう。

 

上唇を触られるのは大丈夫なようでしたら、歯を触っていきます。指で奥歯や犬歯を軽くこすっていきます。

 

この時成犬でしたら歯みがきペーストを使ってみるのもいいかもしれません。

 

味を気に入ってくれたら嫌がるのが減るかもしれません。そして、この時に要注意なのが「歯周病が進行している歯は触らない」ことです。

 

歯周病が進行しているということは、痛みを伴いますので嫌がります。そのまま嫌な行為と覚えて口周りを触らせてもくれなくなってしまうかもしれませんので、健康な歯だけにしましょう。

 

歯を触ることが出来たら、あーんと声をかけながら口を開けます。

 

口が開いた瞬間にご褒美を口に入れてあげましょう。

 

口は左手で犬歯の後ろあたりを掴むように上顎を持ち、右手で人差し指または中指で下顎を下げるとうまく開けることが出来ます。これは右利きの人の場合なので左利きの人は手を逆にしてくださいね。

 

口を開けることが出来たら、奥歯のケアに入ります。ガーゼを指に巻き、犬歯や奥歯を軽くこすりましょう。

 

この時にガーゼを咬んでしまうことがありますが、絶対に引っ張らないでください。おもちゃだと勘違いして、遊び始めてしまいます。

 

最後に歯ブラシを犬歯や奥歯にあてて綺麗にします。この時、歯ブラシを見えないように持ち、指で歯を触って気を引きながらそっと歯ブラシをあてましょう。歯ブラシのヘッドは小さめのものがいいです。

 

以上が理想的なケアですが、簡単に出来るケアもありますので時間のある時はこのケアを、日常的には次のケアを行うとよいでしょう。

 

・歯みがきペースト
指に適量出し、歯を軽くこすります。1000円〜2000円ほど。
・歯みがきシート
指に巻き、歯を軽くこすります。500円ほど。
・ガム
 そのまま与えます。味や大きさなど種類がたくさんありますので、愛犬が好むものを見つけましょう。1000〜3000円ほど。
・スプレータイプ
 口にシュッっとスプレーするだけです。歯石が落ちるまでに、4〜5か月かかるものから、1〜2か月で落ちるものまであります。2000〜10000超えるものまで。

 

・スケーラー
 これは上記の4つとは少し違うもので、歯石を砕いたり削ぎ落としたりするものです。
 使用に注意が必要で、歯にあてる角度や向きがあるので間違った使い方をすると歯のエナメル質まで剥がしてしまいます。尖っているものが多いため、歯肉に刺してしまったり痛くて暴れることもありますので、自信が無い場合は使用をやめてください。

 

いかがでしたでしょうか。歯石が犬に与える影響について知っていましたか?

 

実は3歳をむかえる犬の役8割は歯周病になっているというデータもあります。

 

歯周病になって実害が出てくるのは歳を重ねてからですので、負担をかけないように子犬の時からケアを続けましょう。